×

Monument of Muroto Typhoon

室戸台風の石碑 美術館エリア

昭和9年9月、室戸台風が岡山に上陸した。豪雨により旭川と百間川の15ヶ所が決壊し、岡山城周辺が最高水位3mまで水没。これを機に、河川の改修やダム工事が進められることになる。このできごとを後世に伝え、防災意識を促し続けるために、街には被害を伝える石碑や水位標識がいくつか設置されている。(K)