Carved Wall in Izushi
出石町の壁彫刻

出石町の壁彫刻

ビルの壁面に刻まれた鋭利な凹凸。でっぱっていると見るか、窪んでいると見るか。この立体的な切り込みが表しているのは、かつてこのビルに密着していた物体の不在である。隣接する建物が取り壊された結果、浮かび上がった形なのだ。この場所は私たちに「存在しないものを視る」という体験を与えてくれる。(U)